www.metaliksteel.com

民事再生による整理は住宅のローンを含む多重の債務に苦しむ利用者を対象として、マンションを維持したまま金銭管理において立ち直るために法による債務の整理の処理方法として2000年11月に施行されたルールです。この制度には、破産宣告とは違って免責不許可となる要件はないために散財などで債務が増えた場合でもこの手続きはできますし、破産宣告により業務ができなくなってしまうような業界で給与を得ている方でも民事再生は可能です。破産の場合は住宅を保有したままにするわけにはいきませんし、特定調停と任意整理では元金そのものは返済していかなくてはなりませんので住宅ローンを含めて返していくことは実際のところは困難だと考えられます。しかしながら、民事再生を選ぶことができれば住宅のローンのほかの借金についてはけっこうな金額を減ずることが可能ですので、余裕を持ちながらマンション等のローンを返済しながらあとのローンを払い続けるようにできるといえます。とはいえ、民事再生という選択は任意整理または特定調停といった処理とは異なってある部分のみの負債だけを除外して手続きを行うことは不可能ですし破産申告に適用されるように負債がなくなってしまうということでもありません。それから、別の処理と比較して手続きが煩雑で手間もかかりますので、住宅ローン等を組んでいてマイホームを手放したくない時などを除外して、破産宣告等といった他の選択肢がない際の限定的な手段としておいた方がいいでしょう。

Link

Copyright © 1996 www.metaliksteel.com All Rights Reserved.