www.metaliksteel.com

日刊紙の宣伝広告、スポーツ新聞、電話ボックスに配布された宣伝チラシや郵便広告などで「負債の片付けします」「負債をひとつにしましょう」といった売り文句を見ることがよくあります。そういったものは、「整理屋」「買取人」「紹介者」と呼ばれる悪徳企業のだまし広告のときも存在します。このようなものを頼んだ場合では自己破産申し立ての中で免責許可を受け取れないパターンが存在します。「整頓人」の場合、ダイレクトメールなどで借金のある人を呼び出し、すさまじい費用を出させて債務整頓をしますが結局のところ債務整頓は実行されずに、借金者は債務地獄に堕ちてしまう結末がほとんどと考えてください。「買取人」の場合は、負債者の借金で電化製品、旅行の利用券を山ほど仕入れさせ負債人からそういった品々を値段の30%〜額面半値で買い直すという方法のようです。負債者は一時的には金が得られますがいずれカード業者によって品物の販売額の支払い要求が送られてきて、実際は借金をアップさせる結果となります。この場合だとクレジットカード業者へ詐欺に当たるとされてしまい免責許可を受けられません。「紹介者」の場合名の知れたサラリーマン金融から拒絶されるようになった借金者に対して、業者として融資はしないでおいて、融資を可能である他の店を知らせ、料金を請求する会社です。つなぎ屋は自らの紹介で資金提供可能になったという口調でしゃべりますが、本当のところは何もしていなくて、ただ規程の通りやすい業者を把握しているということなのです。この場合だと結局のところ借金を増大させることになります。

Link

Copyright © 1996 www.metaliksteel.com All Rights Reserved.