要するにスワップ金利(異なる通貨間の金利格差)で儲けるの

FX(外国為替証拠金取引)に関しての興味深いところはたった一つの商品であるのに資金投下の期間を短い・普通・長いという3種類の期間からいずれをチョイスするかということによって、資金を費やす方法が大きく変わるということにあります。ホワイトヴェール

第一には外貨投資する「長い時間をかけるスタンス」を見てみよう。新生児 女の子 退院着

長期のスタンスとは、一年以上の長期投資を想定しているのが通常です。

まず為替においては一年以上も後々の為替の相場がは円高なのか、逆に円安なのかを予言するなんてことはほとんど無謀に違いありません。

現実的には「先の情勢は見当もつかない」と思うのが本音でしょう。

未知なことをなんとか予言しようにも、それは無意味なことです。

そういう訳で他国の貨幣を買ったら、買った時のレートよりも円が高めになっていてもその分はしばらく経てば円安になるはずだというポジティブな感じでやり取りに臨むものです。

為替の差益を一生懸命に狙うというよりも、他の儲け、要するにスワップ金利(異なる通貨間の金利格差)で儲けるのを一番の目当てにしてやりましょう。

当然のことながら少しの間に為替変動の影響で損失が大きくなることがあります。

そういったことから、こういうケースのような差損が大きくなっても問題ないようレバレッジを最小限にトレードすることが大切です。

FXは、差損が一定範囲を上回って大きくなると追い証(追加保証金)を求められたり、それともストップロス(ロスカット)がかかったりします。

ストップロス(ロスカット)をすることになったら、即座に売り買いをフィニッシュする必要があり長期の投資はストップします。

リスクを回避するためにはレバレッジ2?3倍くらいでトレードするのが安心かと思います。

今度は中期のスタンスのトレードについてです。

中期投資の場合最大で2ヶ月程先々を推測しての取引を行います。

為替のトレードにおいては、だいたい1ヶ月くらい後のことはだいたい、予想可能だと思います。

G7などのような各国の集まりの議題や市場で取引している人たちがどのようなことに注視しているかを考えれば割りと予測できると思います。

このような経済の状態を見ながらも、チャートを参照することによって為替のレベルをわかるようになり、買いか売りかを判断するといいでしょう。

基本的にファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)とテクニックの両方とも良い状態でありまたは買いが一致していればジャッジした通りに動くと考えて良いです。

そんな時は保有高を増やすとさらに多額の儲けをもらえるでしょう。

第三に短期のトレードのポイント。

ここでの短期トレードとは、すなわちデイトレのことを言っています。

為替相場でデイトレーディングを行う時は、経済の状況は絡んでいないと言い切れます。

なぜかというと次の日の為替のレートの変動に経済の状況は関係がないからです。

この場合一番の狙いどころは目立った行事がありそのおかげで相場が変動する時を逃さないようトレードしましょう。

たとえば、米国において雇用統計が公示される、それとも金融政策決定会合等によって金利が変わるような催しごと。

こんなタイミングに変わり目を見過ごさないとのことから、短期のスタンスは多種のものが欲しいところである。

Link

Copyright © 1996 www.metaliksteel.com All Rights Reserved.